他のパパに取られたくない!パパ活で気にいった女の子を独占する方法

今回はパパ活で気に入った子を独占するにはどうしたらいいかと言うお悩みを持つ人にお答えします。

綺麗な女の子とお食事やデートをしていくと、つい独占したいという気持ちが出てきますよね。
「他の男(パパ)がいるんじゃないかな・・・?俺だけにしてほしい」と思ってしまうこともあるでしょう。
男性なら当然のことです。

ではどうすれば独占することが出来るのでしょうか?
以下で具体的に見ていきましょう。

パパ活女子を独占するのにしてはいけないこと


まず一番やってはいけないことは、「他の男に会うな」と言うことです。
独占したいという思いから、そう言ってしまいたくなる気持ちも分かりますが、そこはグッと我慢しましょう。
「他の男に会うな」と言っても効果はありません。
逆に女の子に重たい人だな・・・と思われてしまうだけです。
「他のパパを作るな」「彼氏を作るな」というよりも先に、自分を磨いて振り向いてもらうことが最優先です。

パパ活女子を独占する具体的な方法とは


独占したいなら、まずは必要な金額を聞いてお金を渡してあげましょう。
パパ活というのは、経済的に苦しい女の子がしているもの。
生活費であったり学費であったり、それぞれの女の子は必要なお金を得るためにパパ活しています。
独占しようと思うのなら、その子に必要な金額を払ってあげましょう。
お食事のみの子ならそんなに多くはないはずです。

女の子が必要な金額はすべて用意できる。
そうすれば独占出来るんだろう、と思ったあなた。

お金だけでは独占するには足りません。

パパ活において最終的には性格が最重要視されます。
そのため、お金だけでなく女の子にとってストレスにならないお付き合いをするように心がけてください。
無理強いしての独占はいけません。
一時無理強いして独占できたとしても、すぐに関係は破綻してしまうでしょう。
なぜなら女の子がストレスを感じてしまうと、女の子のほうから関係を切られてしまうからです。

いくら金払いのいい人でも、ストレスを感じる相手とは付き合いたくないのが女の子です。
なので、なるべく女の子にストレスを与えないようにしましょう。

どんなことがストレスになるかは女の子によって違います。

例えば
○拘束時間が長いのが嫌いな女の子
○身体を触られるのが嫌いな女の子
○下ネタをするのが嫌いな女の子
などが考えられます。

少しでも女の子が嫌な素振りを見せたら、そこは改善してあげましょう。
決して女の子の言いなりになれということではありませんが、相手にとって居心地のいい空間を作り出してあげることが大切です。

一緒にいて心地よい相手とは長く一緒にいたいものです。

まとめ


自分のことを支援してくれる経済力があり、しかもその男性といると居心地がいい。
そんな人には自然と女の子も付いていきます。

他のパパや彼氏がいたとしても、最終的には女の子が“一番一緒にいたい”という相手を選びます。
独占したい人は無理強いして女の子を縛り付けるのではなく、最終的に自分のことだけを見てくれる、そういうお付き合いをしていけばいいんです。
短期的な目線で見るのではなく、長期的な目線で見ることを心がけましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする