チャットレディ仮登録の際に身分証提示しても大丈夫?

チャットレディとしてお仕事するには、まずサイトに登録しなければいけません。

サイトに登録するときは、仮登録本登録の2段階を踏んで登録します。

仮登録の記入事項

仮登録のときには以下の内容を記入します。
サイトによって少しずつ違いはありますが、だいたいは以下の通りです。

氏名(本名で書きます)

生年月日(18歳以上でないと登録出来ません!)

メールアドレス(連絡のほとんどはメールでのやり取りになります)

○電話番号

ログインする際に使うID

パスワード

○チャットレディ経験者かどうか(経験者優遇サイトがあります)

身分証明書の写真
 ①身分証全体の写真
 ②顔と身分証が一緒に写った写真

身分証の写真は①と②の2枚が必要です。
身分証を提示することで、年齢が18歳以上であることと、本人であることを確認します。

もし高校に在学中の17歳の女の子が、年齢の欄を偽って応募したりすると大変なことになります。必ず18歳以上の人(高校卒業してから!)が登録するようにしてください

また、身分証に記載されている住所欄は隠しても大丈夫なサイトが多いです。
住所を知られたくない人は、住所欄を消すなどして対応してくださいね。

 

必要事項をすべて記入して、身分証まで書き終えたら次のステップに行きます。

利用規約・委託業務規約を確認する

最後に利用規約に同意する必要があります。
小さな字で書かれていて読みたくないな~と思ってしまうかもしれませんが、必ず確認してください。

なぜならここには雇用関係についての記述や、報酬の支払い日や退会についての詳しい内容が書かれているからです。

“報酬の支払いは毎月何回あるのか?いつ振り込まれるのか?”
“違約金などの取り決めはないか?”

などの重要な内容が書かれています。

もし利用規約を読んで、「あれおかしいな?」と思ったら登録するのは一度考えたほうがいいです。
そういうサイトに限って、登録した後、なかなか辞めさせてもらえないことがあったりします。

私の経験上、この利用規約に「○○したら違約金が発生する」と書かれていたら要注意です。
本来はチャットレディのお仕事は、性器露出をしない限り、報酬を減らされることはありません。
なので、違約金が発生するのというのは考えられないんです。

みなさんも利用規約はしっかりチェックしてくださいね!

 

利用規約までチェックしたら、仮登録の完了です!

事務局で確認が済んだのち、メールアドレス宛に本登録が送られてきます。