通勤か在宅で迷ったら。どっちがいい?

チャットレディを始めようと思い立ったら、まず考えなくてはいけないのが通勤でお仕事するか、在宅でお仕事するかです。
これは報酬にも関わる重要な部分なので、じっくり読んでほしいと思います。

 

通勤と在宅の違い

通勤と在宅というのは、お仕事をする形態の違いのことです。

通勤の場合は、必ず事務所に所属する必要があり、事務所の用意してくれたルームでお仕事することになります。
 
 
仕事場は一般的には、マンションの一室になります。
チャットしたい日をあらかじめ予約しておいて、その時間にチャットルームに行ってお仕事するという流れになります。

チャットルームには、チャットに必要なものはすべて揃っています。
パソコンはもちろんのこと、チャットをする際必ず必要になってくるウェブカメラやヘッドセット、衣装まですべて揃えてくれてあります。

ルームの清潔さ、インテリアなどはそれぞれの事務所によって全く違い、良い事務所に当たれば一部屋を一人で使わせてくれるところもありますが、経費を削減したい事務所は、一部屋をカーテンなどで区切って、数人の女の子で使用しているところもあるようです。

 

通勤のメリット・デメリット

デメリット▷もらえる報酬が低い(在宅の半分程度)

メリット▷講習をしてくれる事務所がある
     チャットに必要なもの(PC、ヘッドセットなど)はすべて用意されている

 

通勤でお仕事する際のデメリットは、在宅でお仕事するよりも、もらえる報酬が低くなるところです
事務所にもよりますが、在宅で働く場合の半分程度になります。

メリットとしては、女の子の育成に力を入れている事務所だと、講習やチャットレディセミナーを開いており、ノウハウを学べるところです。
また、ウェブカメラやライトなどもすべてセッティングされているので、自分で買ったり設置したりという手間がなくなります。

 

在宅のメリット・デメリット

デメリット▷チャットに必要な用品をすべて自分で揃えなければいけない
      
自己管理が必要
      孤独感を味わいがち
      

メリット▷報酬が高い(通勤の2倍程度)
     自分のペースでお仕事出来る

逆に在宅ではその名の通り、自分の家がお仕事場となります。
通勤のようにチャットルームが埋まっていて使えないということが無いので、自分のチャットしたい時間にいつでもお仕事することができます
その反面、自己管理が出来ない人だと、継続してお仕事をするのが難しいかもしれません。
また、通勤と違って、ウェブカメラやパソコンなどは自分で用意しなければなりません。

 

そのようなデメリットはありますが、在宅でお仕事する場合はとっても嬉しいメリットがあります。
一つ目は、事務所の人から干渉を受けず、自分のペースでお仕事ができるので、ストレスをあまり感じずにお仕事できるという点です。
在宅であれば、自分の好きな時に、いつでもお仕事することができます。

また2つ目は、報酬率が高いところです。
同じ時間を働いたとしても、通勤で働くよりも在宅で働いたほうが高収入を得ることができます。
一般的には事務所で所属する場合の倍のお給料(報酬)を貰うことができます。

以下で報酬率について詳しく見ていきましょう。

 

報酬率

 

通勤の場合、事務所によって違いはありますが、稼いだポイントの30%~35%を報酬として貰えるところが多いです
たまに、25%以下に設定している事務所も見かけますが、事務所の取り分が多く、あまり良い事務所とは思えません。
また、備品や玩具代として経費を引く事務所も、避けたほうが無難かなという印象です。

一方で在宅での報酬率は45%~50%と、通勤に比べてかなり高く設定されています。
これはなぜかというと、在宅ではルーム代やウェブカメラ代が自分持ちだからです。
 
具体的にどれくらい金額に差が出てくるのかを例をあげて考えてみましょう。
例えば通勤が30%の報酬率、在宅が50%の報酬率だと仮定します。
1分100pointの場合、通勤では1分30円、在宅では1分50円もらえることになります。

1時間お仕事すると、
通勤=30円×60分=1800円
在宅=50円×60分=3000円

1時間お仕事しただけで、1200円もの違いが出てきます。
このまま何十時間もお仕事すると・・・報酬にかなりの差が出てきますよね。

 

消費税値上げで報酬アップ!?

また、消費税の増税により、お客さんがポイントを買うとき消費税を上乗せして買うシステムに変わりました。
その影響で、女性に対して支払う金額にも消費税が上乗せされて支払われるように規定されています。
消費税を上乗せしていない事務所はあまり良心的ではないかな。。という印象です。
もし今お仕事されている方は、報酬明細を確認してみてくださいね。

サポートはあるの?

通勤にした場合のいいところは、サポートがあるところです。
事務所によって違いますが、チャットの売上が伸びるように演技指導をしてくれるところもあります。

でも、ここで注意してほしいのは、指導をするときに無理やりだったり、アダルト指導を男性がするといった事務所があることです。
「売り上げを伸ばすため」だとか言われて、無理やりノンアダルトからアダルトサイトへ出演させられたりということもあるようです。

サポートといっても、一概に良い点ばかりではないので特に通勤でお仕事される方は注意しておいてほしいところです。

 

逆に在宅ではサポートがないかというと、そうではありません!
在宅では事務所に所属してお仕事する人もいれば、サイトに直接登録する方もいると思いますが、お仕事をしていて分からないことがあれば、事務所やサイトにメールや電話して聞くこともできます
事務所やサイト側は、そんなメールをもらったら「この子は頑張っているな!応援してあげよう」という気になって、きちんとアドバイスをくれるはずです。

その代り自分からアクションを起こさなければアドバイスはもらえませんので、分からないことはどんどん聞くようにしてください。
そうすれば、在宅でお仕事している人も、通勤で働くのと同じサポートを受けられることになります。

 

自分に合うのはどっち?通勤、在宅?

 

報酬面、サポート面で比較してきましたが、どうでしょうか。
自分に合うのはどちらか見つかりましたか?

私は通勤・在宅チャットレディどちらも経験がありますが、いろいろ干渉されるのが嫌で、最終的には在宅でお仕事することにしました。

もちろん在宅でお仕事したくても、家族と一緒に住んでいたりする場合など、どうしても家ではチャットが出来ないと言う人もいると思います。
そのような人だけ通勤でお仕事することをおすすめします。

在宅でお仕事することを選んでも、サイトや事務所に相談しながらチャットすれば、十分に稼ぐことができます。

どちらか迷ったなら、在宅チャットレディを選んでみてはいかがでしょうか。