【アプリでパパ活】男性の心をグッとつかむプロフィール記入方法!5点をしっかり押さえよう!

サイトでパパを探している人はたくさんいますよね?
今回はサイトでパパ活している人のために、男性からオファーが来やすいプロフィールの記入方法を伝授したいと思います。

「まったく男性からオファーが来ない・・・」
「こちらからメールを送っても無視される・・・」

という人はもしかしたらプロフィールの内容が不足しているのかも?
男性に受けのいいプロフィールを一緒に勉強していきましょう!

プロフィール写真が一番大事!

アプリでパパ活をするとなったときに、パパから声をかけてもらうのに大事なこととは何でしょうか。
まずは自分のプロフィールをクリックしてもらえるかどうかが一番重要です!
たくさんの女の子の中から自分一人を選んでもらうために、まずはプロフィール写真で一気に差をつけましょう!

プロフィール写真が可愛いか綺麗かどうかが男性が選ぶポイントです。
なので顔に自信のある人は上半身中心の写真、全身のスタイルに自信のある人は全身写真を載せるといいでしょう

もちろん載せるのは本人の写真じゃなければいけませんよ。
好きな芸能人の写真を載せるのはNGです。
別人の写真を載せても、いざパパと会うときにバレちゃいますからやめましょうね。

顔バレしちゃ嫌だな・・・という方は、顔をスタンプで半分隠すなどして工夫しましょう。
私はパパに実際にサイトを見せてもらったことがあります。
男性視点で女性のプロフィールを見ましたが、女の子のうち半分くらいは顔をスタンプで隠していました。それでも十分にその子の可愛さが伝わってきます!
なので顔を半分隠すのはデメリットにはなりません。

もしプロフィール写真を登録していないという方がいたら、男性から見られるチャンスを自分から減らしていることになります。・゚・(*ノД`*)・゚・。
それはもったいないですので、ぜひプロフィール写真は登録することをおすすめします。

プロフィールで自己紹介


男性からのオファー数を増やすには、まずプロフィールをきちんと書くことが大切です。
特に外せないのは自己紹介です。

まず自己紹介の段階で、学生なのか社会人なのかを書きましょう。
学生の場合であれば、今勉強している内容を、社会人であれば職種まで記入しておきましょう
具体的にはこのように記入します。

例)「大学3年生の○○といいます。大学では〇〇を専攻していて主に英語を勉強しています。」
例)「社会人1年目です。アパレルの事務員として働いています。」

自分の職業を記入しておくメリットはたくさんあります。

まず一つ目は職業で女性を選ぶパパがいるから。
男性の中にもOLさんが好きだという人もいれば、学生さんが好きだと言う人など様々います。
あるいは同じ職種で働いている人は避けておきたいという理由から、職業をチェックしている人もいます。

もし男性の憧れの職業、例えばCAさんや女優の卵、レースクイーンなど特殊な職業についている方もプロフィールに記入しておけば、それだけで男性にアピールすることができます。
男性に興味を持ってもらうために、職業は記入必須です!

パパ活サイトに登録している理由を記入しよう


プロフィールを記入したあとはパパ活サイトに登録している理由を書きましょう。
「なぜパパ活サイトに登録したの?」と聞かれたことはありませんか?
そのように尋ねてくる男性は 「あなたの力になってあげたい!」と考えてくれている人です。

基本的にパパになりたい男性は、困っている女の子を助けてあげたいと思っています。またその女の子の現状を知りたいと思っています。
「どんなことで困っているんだろう?俺が助けてあげられるかな?」と考えてくれています。

女の子はそのようなパパさんにプロフィールでアピールしなければなりません。

そのためにも、プロフィールには
・なぜそのサイトに登録したか?
・金銭的にどうして困っているのか?
を書いて男性にアピールする必要があります。

この理由を上手に書くことで、パパ候補の人からメッセージをもらえる確率が高くなります

上手な書き方の例です。このように記入しましょう。

「学費を自分で払わなければいけないのでバイトをしていますが、それだけではきつくて・・・」
「学生時代に借りた奨学金を返しながら仕事しているので、毎月がカツカツの生活です・・・」
「朝早くから夜遅くまでアパレルで働いているのですがお給料が少なくて・・・」

ここで押さえておくべきポイントは、以下の2点です。
①なぜ困っているのかその理由(学費を自分で払っている、奨学金を返さなければいけない等)を書いている
②自分でも努力をしているが、それだけでは生活が苦しいということを書いている

特に②の「自分でも努力している」という姿勢が大切で、こう書くことで「けなげに頑張っている女の子を助けてあげたい!」という男性の心をつかむことが出来ます
自分の状況と照らし合わせて、嘘をつかない範囲できっちりと記入しましょう。

パパから嫌われる理由2つ

上記で「どうしてパパ活サイトに登録している理由」の具体例をあげました。
ところで、ここに書いちゃいけない内容があるんです!
このように書くとアプローチが減ってしまうというものがあります。

それは「海外旅行の費用を貯めている」「海外留学の費用を貯めている」
というような高額が必要になってくるような理由です。

このように書くと、海外旅行っていくらかかるの?留学って50万100万の単位でかかるんじゃないの?と金額が高くて不安になる男性も多いです。

特にお食事のみでパパ活をしたいと思っている人は要注意!
高額が必要な理由を書いてしまうと、 「この子はお食事だけで大金を出させようとしているのかな?」「お食事で5万10万必要になるのかな?」と男性も身構えてしまいますので、お食事のみを考えている人は大金が必要なことは書かないでおきましょう。

パパから好まれる書き方

逆にパパから好まれる書き方はこちらです。

「お小遣い程度がほしい」

「お小遣い」というのがキーワードです。

「お小遣い程度」と書くことで、高額なお手当を要求していないことがわかり、男性を安心させることができます。特にお食事パパを探している男性は、「お食事だけでいくら払えばいいんだろう?もしかして都度5万10万払わなくちゃいけないのかな?」などと不安に思っています。
そういう気持ちを持っている男性に対して「お手当はお小遣い程度を希望しています」と書くことで不安を払しょくすることができます。

自分のアピールポイントを記入しよう

自分のプロフィールと、「なぜパパ活サイトに登録しているか」は記入しましたか?
記入できたら次は自分のアピールポイントを記入しましょう。

自分のアピールポイントですが、性格面と容姿面の両方の観点から書ければいいですね
具体例をあげてみます。

性格面⇒おっとりしている・明るい・お喋り、友達から「よく笑う子です」と言われます
容姿面⇒「肌が白くて綺麗」と言われます、脚には自信があります

ここでポイントになってくるのは客観的な文章を入れることです
上記の場合であれば「友達からは〇〇だと言われます」という部分です。

自分で思っているアピールポイントは案外他人からは見られていないかもしれません。
逆に客観的な意見だと男性からも信用されやすくなります
友達や家族に聞いたりして、自分の良さを教えてもらいましょう。

会える曜日や時間を記入しよう

次に会える曜日や時間を書いておきましょう

どうして会える曜日や時間を書く必要があるの?と思った方もいるかもしれません。
これは、男性との日程を調整するために必ず必要です。

例えば男性が自由に時間を使える人であれば問題ありませんが、会社員だった場合お休みは基本的に土日になります。
もしあなたが土日にアルバイトや仕事が入っていればその男性と会うのは難しくなりますよね?

たとえ男性と1回目の顔合わせは出来たとしても、二人の予定が合わず、関係が続かなかったとしたらもったいないですよね。
継続してこそパパとの信頼関係も作れます。

そのため、会える曜日や時間を書いておくことはとても重要になってきます。
お金持ちの男性は忙しいもの。相手が既婚者であればなおさら会える曜日・時間の制約があります。

長期的に支援してくれるパパを見つけるためにもプロフィールに、会える曜日や時間はきっちり書いておきましょう。

まとめ

男性からオファーが来るプロフィールの記入方法をまとめました。

①プロフィール写真は目を惹くものを!
②職業を記入する

③「なぜパパ活サイトに登録したか?」その理由を記入する
④自分のアピールポイントを記入する
⑤会える曜日や時間を記入する

上記の5点が記入出来ているか早速自分のプロフィールを見直してみてくださいね。
男性からアプローチされるようなプロフィールを作って、いいパパを見つけましょう!

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください