【パパ活】食事パパをしている理由・食事パパの考え方

パパ活をしている女性は色々な男性に出会うと思います。
紳士的な男性もいれば、失礼な対応をする男性まで様々な人がいます。

今回は、パパの中でも少数派である「食事パパ」について、なぜ食事パパをするようになったか、食事パパの考え方をリサーチしていこうと思います。

食事パパをしている理由

食事パパをしている男性は、お金で買えるものに興味がない人が多いです

たいていパパになれるような人は世間から見るとお金持ちの人たちです。
そのようなお金持ちの人はたいていお金を出せばなんでも買えることを知っています。
家も買って車も買って・・・自分の好きなものはほぼ買ってきたでしょう。

そんな人だからこそ、お金で買えないものに価値を感じています
そしてお金で買えるようなものに興味を持ちません。

パパ活女性の中には身体の関係は○○円という風に値段を決めている人もいますが、このような食事パパは女の子をお金で買うということに興味がないため、身体の関係を持ちかけられても断ることが多いでしょう。
お食事パパの男性にとっていくら払って身体の関係を持つということに価値を感じないのです。身体の関係を持つなら風俗などのお店に行けば良いと考えている人もいます。

 

食事パパはキャバクラと同じじゃないの?

食事パパとキャバクラとは全く違うものです。
例えば「今日これからキャバクラに行こう」と考えたとき、男性は「どんなお店に行こう?」「何を着ていこう?」「どんなふうにエスコートしよう?」などと考えたりしません。
わざわざキャバクラに行くのに、服装を気にしたりしないものです。

またキャバ嬢も男性にエスコートされたり、デートコースを考えてほしいなどの対応は求めていません。
キャバ嬢は、お店にお金をいっぱい落としてくれる男性を求めています。

 

しかしお食事パパの場合、お金だけではなく、女性とデートをする楽しみがあります。
あるお食事パパはこのように言っていました。

「男性は当日の装いやデートコースを考える。それがとても楽しい。
男性は40代にもなると、日常生活をしていてそんなに自分の見た目を気にしなくなるし、デートコースを考えることもない。
そういう生活を続けていると、どんどん自分が衰えていくだけ。

しかし女性とデートをすると、着るものも気を遣うし、体型にも気を遣ったりする。
相手への気づかいなど全般を通して、男性自身が成長できるところに価値を感じている。

 

またキャバクラなどのお店などでは、お店に雇われているため、いきなり解雇されたりする恐れはありません。
しかし、パパ活は個人営業のため、男性から切られることもあるし、男性のほうも女性に切られる可能性があります。
とてもシビアな世界なのです。シビアであるからこそ、男性も女性も自分を磨き、素敵な人に出会おうという気になります。

さらにお金の面でもキャバクラと食事パパは違います。
たとえばキャバクラに行ってお店に5万10万落としても、女の子に入る金額は中抜きされて少なくなります。
それよりは、パパ活をして、女の子に直接生活に必要なお金を渡したほうが十分役に立ちますよね。

 

 

食事パパをしている一番の理由


食事パパをしている一番の理由は、女性と個人的に関係を持つことができ、信頼関係を作ることができるという点です。

パパ活では素敵な相手と出会うと、1年、長いときであれば10年単位で関係を続けることもあります。
男女の関係を超えた親友・心友になれるのが食事パパの醍醐味でしょう。
 

 

noteでパパ活初心者マニュアルを公開中!

noteでパパ活初心者マニュアルを公開中です!
私のパパ活経験を詰め込んで、一つの記事にしました。

このブログ内で載せていない内容も盛りだくさんで書いています。
パパ活に悩んでいる初心者の方にぜひ読んでいただきたい内容になっています。

 パパ活初心者マニュアル①パパ活を成功させるための㊙テクニック前編(noteで公開中!)

途中まで無料で読めます。
最後まで読むには1000円という値段をつけさせてもらっていますが、これを読めばその価値の10倍以上返ってくる自信があります!
パパ活が上手くいかなくて迷っている人はこれを読めばきっとその悩みが解決します。

もしコメントがある方は、noteでもこちらのブログにでも構いませんので、ぜひコメント頂けるとありがたいです。お悩みのある方もぜひ書き込んでくださいね。
私の出来る範囲でお答えします。

 

 

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください